2015年8月27日木曜日

20150827

昨日は久々にピンケーブルを作りました。


専らモガミ2549を使っています。
取り回しがしやすく、使いやすい線材だと思います。だいたい150円/mと価格でも魅力的です。音の面では超フラットなことで有名な線材ですが、かつなかなかクリアな出音…かな。市販のやっすいケーブルと比べたら全てが雲泥の差だと思います。

プラグは最近のお気に入りでもある、アンフェノールの赤白のものを使っています。これも値段は控えめですが、結構しっかりした作りなのが良いと思います。熱圧縮チューブだと剥がれてしまったりするので、スカート?が付いているのは嬉しいですし、ショート防止用のチューブも付属しています。今まではカラーが黒しか無かったのが、最近、赤白を見つけたことで更に使い勝手が良くなりました。肝心の音に関しては…良くわかりません。あまり比較したことがないので。でも使いやすく、オススメです!

音質改善を考えた時、ケーブル交換は費用対効果が、かなり優れている方法だと思います。
特に自作の場合、かなりのバリエーションが試せる上、材料にもよりますが、費用もかなり抑えられるはずです。方法については割愛しますが、材料、半田、コテさえあれば始められるので、興味があれば、とりあえずやってみるといいのではないかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿